結婚と借金について

債務整理を実行すると、結婚の時に影響が出るのではないかと思っている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金を抱えているほうが問題です。

債務整理をしたせいで結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、マイホームを建てたい場合、借金の整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。 7年以上の間あけるとローンを組向ことが可能になります。

債務整理をやったことは、しごと場に知られたくないものだそうです。

勤め先に連絡が入ることはございませんので、気づかれることはないです。
でも、官報に載ってしまう場合も考えられるので、見ている方がいたら、気付かれるかも知れません。誰にでもあることではありませんが、財産を相続する場合、本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、債務が相続財産を上回る場合は相続人は一気に借金を背負うことになってしまいます。

けれども、打つ手がないワケではありません。

債務整理を行うのだそうです。

依頼者に収入があれば任意整理という方法が一般的ですが、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのだそうです。

こういった厄介な状態にならないためにも、遺産相続の時は安易に手つづきしてはいけません。自己破産や個人再生の手つづきを行う際には全部の債権者を相手にふくめますが、同じ債務を整理でも任意整理を行う際には、債権者ごとに一件ずつ手つづきしていくというちがいがあります。全部の債権者に対して交渉するのではなく、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に任意整理の申立をします。

しかし減額交渉は任意ですから、先方に交渉内容を認めて貰えなければ、その債務については減額は見込め無いと思います。
借金 払えない